大きくなってからのソルフェージュ

こんにちは今日から2月ですね。


1月はバタバタしていて前回の更新からちょうど1か月経ってしまいました。

インスタの方がもうすこーし更新頻度が高いかもしれないので、よろしければフォローお願いします💦


さて、今日はタイトルの通り。

「大人がソルフェージュをやること」について私の考えを書いてみようと思います。


外国の事情は分かりませんが

日本にいるとソルフェージュは子どもがやるもの小さいときからやっていないとダメというイメージが根付いてしまっている気がします。


実際、教材研究をしていても「子どもの」とか「子どものための」と付いているものばかり

中には字も小さめで内容もかなり高度なことがかいてあるのに、タイトルに「子どもの」と付いている本もあって・・・。

そうしないと売れないとか?!


私自身は中高生や大人から始めても全く問題ないと考えています。


子どもから始めないと身につかないのでは時間がかかるでしょう?!


いえいえ、ある程度回数と時間を重ねないといけないのは大人も子どもも一緒です💡

年齢を重ねた人の方が相対的に音楽を聴いた経験が多いですし、知識もあり、理論から理解することもできるので有利なこともあります。

それに、訳も分からずやらされているお子さんより、目的意識をはっきりもって取り組んでいる方の方が上達が早いと思いませんか


今から始めてもな~なんて思わずに

楽譜の読み方で分からないことがある方、音楽の演奏を上達したい方

ぜひ一度、体験レッスンにいらしてくださいね


楽譜の読み方(ソルフェージュ、楽典)について、疑問やお悩みを募集しています。
可能な限りブログ内でお答えします。
info.cs.yue@gmail.com
@を半角にしてお送りください。


よろしければ応援クリックお願いします!