移旋

今日は楽典のマニアックな話題です。

先日、大尊敬するAさんからこんなことを教えていただきました

A「ねぇ、ゆうこさん。短調から長調とか、同主調へ変わることは本当は転調とは言わないんだよ(ニコニコ)」

ゆ「え!!!そうなんですか?!私は”近親調4つは転調しやすい”と習いましたよ。」
※近親調には同主調が含まれます。

A「そう、今はみんなそう教えているし、本にも書いてある。テストでは『転調』と書かないと×になるね。でも、本来”旋法”が変化したものは”移旋”というんだ。」

ゆ「あ~ナントカ旋法っていろいろありますね。”転調”でも違和感はなかったけど、言われてみれば”移旋”の方がしっくりします。」

A「よかったらちょっと覚えておいてね」

ゆ「はい!いいお話がきけました

私はどうもオヤジっぽいところがあるようで、こういったウンチクとかトリビア的な話が大好きなんです
また引き出しの中身が一つ増えました

レッスンでも折に触れてこんなこともお伝えしています。

よろしければ応援クリックお願いします!